【第1回】マイナス16キロを確実に行うダイエット(元体重82Kg)

2017年9月22日

必要なものはたんぱく質・脂質、見つめ直そう糖質!

 

糖質制限ダイエット。巷でよく聞くダイエット方法だと思います。
その中で、筆者がバイブルにしている本があります。

「糖質オフ!健康法」著 江部康二

イイこと1 「いっぱい食べてもスルッとやせる!」
イイこと2 「お酒を楽しみつつ健康を維持できる!」
イイこと3 「運動をしなくても体脂肪が減る!」
イイこと4 「血液がサラサラになる!」
イイこと5 「髪や肌、精力がよみがえる!」
イイこと6 「食後眠たくならず、仕事がはかどる!」

他にも多くの本を読んで実践して見た結果を連載していきます。

 

第1回目は、
「必要なものはたんぱく質・脂質、見つめ直そう糖質!」です。

積極的に摂取しなければいけないのは、たんぱく質・脂質です。

 

たんぱく質とは、20種類存在するL-アミノ酸が鎖状に多数連結してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。 構成するアミノ酸の数や種類、また結合の順序によって種類が異なり、分子量約4000前後のものから、数千万から億単位になるウイルスタンパク質まで多種類が存在する。
Wikipediaより抜粋

 

と固く書いていてもよくわかりませんね。

たんぱく質は筋肉・骨・血液の材料となる重要な栄養素です。スポーツや筋トレなどで全身を動かすために必要で、体作りにおいて大きな役割を担っています。

トレーニング後に、体づくりの材料となるとっても大切な栄養素となっています。
筆者もできるだけ積極的に取り入れている栄養素です。

意外と意識しないと日本人にとっては、不足している栄養素ではないのかと筆者は考えています。
たんぱく質を含むものには、脂質も一緒に入っていますので同時に取れていいと思います。

 

⭐︎可食部100gあたりの含有量
食材        タンパク質量(g) 脂質量(g)
牛もも肉      20.7        10.7
豚もも肉      22.1        3.6
鶏むね肉(皮なし) 24.4        1.9
さけ        22.3        4.1
かつお       25.0        6.2
牛乳        3.3          3.8
豆乳        3.6          2.0
たまご       12.3        10.3
木綿豆腐(1丁)      6.6          4.2

 

が、筆者怠け者ですので、毎回計算して料理するのも苦手です!
何をどれだけこれだけ食べるとかめんどくささの極致です!!!

では
どうやって筆者が三ヶ月ぐらいで16キロのダイエットに成功したのか!
これだけを見て筆者は痩せたのです。

栄養成分表に書いてある
・炭水化物
「食物繊維 ○○g」
「糖質 ○○g」

糖質は1日 20g〜50gまでとする!
上記の数字はスーパー糖質制限といい(辛い)とか言われているのを筆者も見たことがあります。
ですが、大きな糖質を省けば意外と達成しやすい数字となっています。

 

糖質制限には色々とやり方がありますので
次回は、NG食品と三ヶ月の間に主にとっていた食品をご紹介します。


written:T.Muraoka
CEO/E-kan