【大人も子供も真剣に!頭と体を使って遊ぶイベント】

それはちょうど2ヶ月ほど前から始まった。
私の現在の居住地は、平日でもわさわさと人々が集う街である。土日祝の人の多さを加味しても、この街周辺を徘徊している人々が増加しているのだ。

時には親子連れで、時にはカップルで、そして時にはおひとりさまで。みな一様に、本のようなものを広げ、熱心な顔付きで眺めている。何やら相談をしたり、遠くを指差ししたりしている人たちもいる。
「なんなのだ。この街で一体何が起こっているというのだ…」

不安に駆られた私はいてもたってもいられず、その増加する人々の観察を始めることとした。人々は本のようなバインダーのようなものを大事そうに抱えていた。それはちょうど真ん中あたりで区切られ、上が赤く下は白く塗られている。その区切りの中央には、まるで弓道の的のような円が描かれている。博識な私は「ストーンヘンジの平面図を描いた宗教的なもの」と即座に答えを導くことができた。
が、しかし。
腑に落ちない。私はこの奇妙な違和感に思考を巡らせる。何かに似ている…

「むむむ~!あれは確か、赤くて白くて、まんまるで~。
んとんと、真ん中に二重丸が付いていてパカって開いて捕まえたり、
逃げられたりするやつで~。
レイドバトルとかでキャッキャするやつ~!なんだっけ、なんだっけ!?」
敢えて言おう!ポケモンである、と!

ここまで引っ張りましたが、現在
「リアル脱出ゲーム × Pokémon the Movie 20
ホウオウの試練からの脱出
すべての謎が解けたとき、伝説は舞い降りる」

という謎解きイベントが下北沢にて開催しております。

ナゾトキ街歩きゲームというゲーム形式だそうで。「キット」を片手に街のあちこちに隠されたヒントを集め、謎解きをするという体験型のゲームイベント。普段は「アジトオブスクラップ」という「本当の密室に閉じ込められる」リアル脱出ゲームの専門店なのですが、7月15日・映画「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の公開記念で、限定イベントとして開催されています。

ポケモンを知らない、あるいは映画を観ていなくても楽しめるそうなのですが、知っているとより楽しめるゲーム内容になっているとのこと。
「えー、どうせこども向けイベントなのでしょ?」と侮るなかれ!大人も本格的に謎解きを楽しめる「博士コース」(想定プレイ時間180分)も用意されています。もちろん、こどもでも楽しめるよう小・中学生レベルの「トレーナーコース」(想定プレイ時間90分)もありますよ!

ちなみにここまで書くと、テレビ通販お約束の「お高いんでしょ?」ばりに「どうせ広告記事なのでしょ?」と疑われるところかと思いますが、全く関係なく勝手に応援しています笑。だって、都会の真ん中で大人も子供もみんな真剣に頭と体を使って本気で遊べるだなんて!すごいと思いませんか?

「リアル脱出ゲーム × Pokémon the Movie 20
ホウオウの試練からの脱出
すべての謎が解けたとき、伝説は舞い降りる」

■特設サイト
http://realdgame.jp/pokemon/main/

■下北沢ナゾビル
http://realdgame.jp/ajito/shimokitazawa/event/pokemon2017.html

■下北沢以外の全国店舗でも開催中
http://realdgame.jp/ajito/

Posted in その他イベント.