ラボ主的おすすめ2017年秋アニメ(番外編)

E-kanのラボ主です。
今回は『おすすめ2017年秋アニメの後半』…ではなく、『番外編』です。
“新作アニメ”と言うのはどうかと思う2期作品などを『番外編』として紹介したいと思います。

讃州中学勇者部は今日も頑張る


まずは『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章/勇者の章-』です。
は〜い、ストーリー重視の”ゆゆゆ”が待望の2期です。
既に劇場で配信されていた過去編の6話が終わり、いよいよ『勇者の章』が開始されました。
1期で一つの戦いが終わり、お役目を果たした勇者部のその後を描く…
と思いきや、いきなり東郷さん消失の展開に!
友奈が消える展開や一人奮闘する展開なら想像がついたのですが…
東郷さんが消える展開できましたか。
これから、どのような展開となるのか、期待したいと思います。
けど…この世界って終焉間近なんですよね、周りあんなだし。
作品としてどんな結末になるのか、見守りたいと思います。

外では完璧美少女なぐーたら妹が帰ってきた!


続いては、美少女妹『干物妹!うまるちゃんR』です。
内と外で骨格レベルで変わってしまう、現実的にはおかしな描写だけど、可愛いのでOK!
この作品は、何と言っても主役の田中あいみさんの声が良いです。
個人的には、”うまる〜ん”な外モードの声の方が好きなのですが、縮んでいる時の声が本当に”縮んでる感”が出ていて凄いです。
そこから、更に心や体の中に住む(?)変なキャラの声やUMRさんの少し少年寄りの声も演じ分けています。
今後、どんどん活躍して欲しい声優さんです。
そして、海老名ちゃん役の影山灯さんは、上手くなってますね。
1期の時は、キャラは好きだけど、演じ方がいまいち馴染まなかったのですが、2期ですごく良くなってます。
夏アニメでは『プリンセス・プリンシパル』でベアトリスも演じてましたが、そちらも凄く可愛く表現されてました。
なんだか声優さんの紹介っぽくなりましたが、
2期に入ってそれぞれのキャラ同士の絡みも多くなり、
ほのぼの日常系作品として、気楽に見れる良い作品だと思います。

安元さんのバリトンボイス!


さて、次は『鬼灯の冷徹 第弐期』です。
この作品は、地獄の日常(?)をコミカルに描くお話なのですが、
地獄の内容に加えて、様々な偉人などが絡んでくるので、飽きなく見ることができます。
そして何と言っても、安元さんのバリトンボイスです!
あの美声が毎週たくさん聞けると言うだけで観る(聴く?)価値ありますよね。
あとは、座敷童子のシュガーと唯ちゃんが可愛かったり、相変わらずのギャップ演技がすごい種崎さんを満喫できたり。
南央美さんや小桜エツコさん、丹下桜さんなども出てきたりして声でも飽きなく楽しめます。
個人的には、じっくり観るのも良いですが、作業用BGVにすると幸せな作品です。

魔法少女モノ…ではなく、ツッコミモノ


最後は少し変化球として、『せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ』です。
それも、ニコニコ動画とかで配信しているコメンタリー付きのがおすすめです。
これを秋アニメと言っていいのかどうか…少し微妙な時期に始まったし、少し特殊な作品なので、番外編として紹介します。
この作品は、魔法少女系ショートアニメなのですが、メインは『ツッコミ』です。
魔法少女ではなく、それを側で見ている少年3人が主役です。
そして、本編が4分に対し、コメンタリー&トークが倍の8分!
他には何も言う事がありません。とりあえず見てみてください。
あ、最後に一言だけ…小野Dは流石です。

はい、以上4作品を番外編として紹介しました。
次はちゃんとおすすめ秋アニメの『後編』をお届けしますのでお楽しみに。

Posted in アニメ/コミック.