ラボ主的おすすめ2017年秋アニメ(前編)

E-kanのラボ主です。
11月も半ばを過ぎ、2017年の秋アニメも折り返しとなりました。
そこで、今回はラボ主的おすすめアニメを紹介したいと思います。

● 1話の冒頭2分が衝撃的! 妹ものかと思いきや…

おすすめ作品のトップは『妹さえいればいい。』です。
1話冒頭の2分間は話も展開も作画も声優さんも色々と凄かったです。(酷い方向で。あ、声優さんだけはいい方向で。)
ですが、その後はしっかりした内容で、今では毎週の楽しみになっています。
ポイントは、ラノベ作家のリアリティが含まれた展開ですね。
この記事の執筆時点は、アニメ化失敗というよくある話が描かれています。
本当に最近は、アニメ化で残念な感じになることも多いですからね、その点、この作品のアニメ化は成功だと思います。
あと、金元さん演じる那由多がエロ可愛くて好きです。
原作では、主人公の那月と那由多が恋人になる展開のようなので、近々読んでみようと思います。

● ケモミミ系百合萌作品ではない! 心温まるストーリー

続いての作品は『このはな綺譚』です。
ビジュアルで、単なる萌アニメと思われた方も多いと思いますが、実はしっかり内容のあるお話です。
気をぬくと泣かしにきますので、気を付けてくださいね。
作品の方向性としては、ARIAとかが近いのかもしれません。
実は、ラボ主は、GOSICKのコミカライズで原作者の事を知って、それからファンになりました。
絵も素敵だし、ストーリーも緩急あるし、お風呂シーン満載だし、色々おすすめです。

● 碧ちゃんの少年系ボイスが素敵な色々な国を回る旅のお話

主人公、少年っぽいけど違うんですよね…次は『キノの旅』です。
だいぶ前にアニメ化された作品が、再びアニメ化となりました。
でも2期というわけではなく、リバイバル的な感じですね。絵も声も演出も最近風になっています。
前作は動画配信サイトで観れますので、気になる方は見てみてください。
ラボ主的には今作の方が好みです。
まぁ、好きな声優さんがたくさん出ているのも理由の1つではありますが。
色々な国の話を1話完結で見れるので、気楽に観れますよ。
観た後に少し考えさせられることもありますが。

● あなたはどの店員が好きですか? ドS店員のいる喫茶店

さて、次はシチュエーション喫茶とも言える作品『ブレンド・S』です。
もう、定番と化している『きらら枠』の作品ですね。
“ツンデレ”に”妹”、”ドS”に”お姉さん”と様々な属性の店員がいる喫茶店の話です。
正直なところ、上で全てが語られている気もしますが…もう一歩踏み込みまして…
ラボ主的には実際はお姉さん的な存在だけど妹キャラな麻冬さんが好きです。
後、夏帆も元気少女で可愛いです。
苺香さんは…凜々蝶様っぽいですよね。やっぱり。声もそれっぽい感じになってるし。
声で言うと、和氣あず未さんのキュート系演技って初めて聞きました。
今まではギャル系(?)が多かったので、普通に可愛くて、初め和氣さんとは気付かなかったです。

さて、ここまでで4作品を紹介したわけですが、まだ半分くらいしか紹介できてません。(>_<)
あまり長くなるのも嫌なので、残りは次回に持ち越そうと思います。

それでは、ラボ主的おすすめ2017年秋アニメ(後編)をお楽しみに。

Posted in アニメ/コミック.