ラボ主的おすすめ2018年夏アニメ(後編)

こんにちは、E-kanのラボ主です。
月日の流れはあっという間で、執筆時点ですでに夏アニメも最終回を迎えつつあります。
気持ち的にはいつも、もっと早く記事にしようと思っているのですが、なかなか思うように行きませんね。

と言うわけで、2018年夏アニメ紹介の後半戦をさくっと行きたいと思います。

はるかなレシーブ

今期のきらら枠はビーチバレー。ストーリーメインな作品です。
特に後半は話数が進めば進むほど、息を呑む展開の連続で…
特に11話は初めから終わりまで、手に汗握る感じでした。
絵柄はどちらかというとゆるふわな感じなのに、展開が熱くて良き作品だと思います。
そして、なんか、し〜ちゃんがツボった。
ワクワク♪ワクワク♪シークヮーサー♪

ゆらぎ荘の幽奈さん

管理人さん可愛い〜
うらら迷路帖の千矢役で声を聞いて以来好きになった、原田彩楓さんが可愛く演じています。
今期だと、「プラネット・ウィズ」にも出演されているので、声が聞けて嬉しいです。
ただ、どちらもあまり多く出演していないんですよね… >_<
作品の内容としては、特にコレといって特記すべきことは無いのですが…
毎回、日笠ナレーションにどうしても笑ってしまいます 私だけでしょうか?

ぐらんぶる

全裸系呑み会作品。

いや〜、どんなダイビングの作品何だろう? と思ってましたよ。始まるまでは…
実際は、ダイビングなんてほとんで無くて、お酒と男の筋肉と裸と顔芸の嵐。
そして、テンション高く、罵声の連続…

始め数話は、ノリについていけなかったのですが、いつのまにか普通に楽しんで見れるようになりました。
ついつい、原作のコミックスにも手を出しつつあります。(今のところは、妹が暴れる巻だけ購入)
個人的に、ちーちゃん(cv 安済知佳)が可愛くて良いですね。
普段は一歩引いた感じで罵声を浴びせるのですけど、不意に見せる表情とか可愛いです。
そして、ケバ子こと愛菜ちゃん(cv 阿澄佳奈)も好きです。
なんであんな可愛い子を邪険に扱うかなぁ〜 (ただし、ケバくない時に限る)

あと、気になるのは、内田姉弟のアフレコ風景ですね。
内田真礼、雄馬の姉弟がここまでがっつり共演ってそんなに無いですから。
どんな感じで演じているのか凄く気になります!

ハッピーシュガーライフ

タイトルと初見の絵柄から、可愛いほのぼの系…かと思いきや、
なかなかに狂気じみたテイストの作品でした。

第1話の冒頭から少し謎めいた感じがありましたが、
話が進むにつれて少しずつ、さとう(cv 花澤香菜)の狂気じみた言動が目立ってきはじめ、
1話のラストで厳重な施錠の扉に明らかにヤバそうなゴミ袋…
狂気じみた感じですけど、話の全貌やストーリー展開が気になる。そんな作品です。

ちなみに、私は、途中で話の続きが気になって原作の2巻と6・7・8巻を買ってしまいました。
あ〜ぁ、どんなラストになるのか気になる!!!

殺戮の天使

この作品を見始めたのは、“ちっすー”こと千菅春香さんが主役のレイを演じていたからです。
ちっすーはSHIROBAKOで知ってから、応援している声優さんの一人です。
…そういえば、SHIROBAKOは映画化が決定しているんですよね。そっちも気になります。

主役のレイ(とザック)が、謎の地下施設の最下層(地下6階)から色々な人に襲われながら、地上を目指すと言うのがメインストーリー。
ですが、ほぼ全てが謎に包まれていて、その謎が解き明かされるのが気になってしかたありません。
謎の地下施設。
各階層に一人の罪人。
レイにとっての神への誓いの意味。
レイが行う裁縫の意味。
そもそもレイ自身は何者なのか。
ラストでどこまでハッキリ明かされるのか分かりませんが、最後まで見届けたいと思います。
…と、ここまで書いてから、公開されるまでの間に最終回となったのですが…
すごい気になる終わり方をしました!
続きは? と思ったら、13話以降はネット配信限定のようです。
10月以降はAmazonプライムビデオ等での視聴を楽しみましょう!

あそびあそばせ

パッっと見、絵柄は少女漫画っぽくて、綺麗で華やかな作品…ですが、それはCM明けまで!
本編が始まると、変顔、奇声、下ネタ、の嵐!!!
いや〜、もうこれは何とも言えない作品です。
そして、初めはまともな方だと思っていた香純がまともじゃなかったり、
まともじゃなさそうなオリヴィアがマシな方だったり…
楽しめる人を選ぶような作品ですが、嗜好が合えば面白い作品だと思います。

ちおちゃんの通学路

あそびあそばせに続き、この作品も人を選びます。
個人的には、“ゾーラ”こと大空直美さんがメインキャラのCVと言うことで見始めたのですが…
1話を見て切ろうかと思いました。
結果的に最後まで見た訳ではありますが…内容は何もありません。
ただ単に、変人達の登下校を描いています……と書いていて気づきました。
そうなんです。この作品ってタイトル通り、学校への通学路での出来事を描いた作品です。
そう考えると、その限定したシーンであれだけの作品ができるのは凄いことです。
少し気になると思った方は、試しに見てみるのも良いかもしれません。

邪神ちゃんドロップキック

これも見る人を選びそうな、ユキヲさん原作の作品。
この人の作品って、絵はすごく可愛く綺麗なんですけど、内容が一般受けじゃない気がするんですよね。
ちなみに、私はユキヲさんの作品だと『武蔵野線の姉妹』が好きです。

第1話の冒頭から唐突に、異種族っぽい集まりの鍋パが始まります。
タイトルにある“邪神ちゃん”を部屋の主のゆりねが召喚したっぽい設定があって、良くわからないけど輪っかを無くした天使もいて…
見ていると、それなりに人物や背景についてある程度は分かるのですが、
特に登場人物の説明もなく、邪神ちゃんを中心とした日常(?)が描かれます。
それぞれが人間界にやってきた経緯とか、キャラの説明とか明確には描かれません。
(まぁ、その辺は原作でも描かれていないかもしれませんが…ユキヲさんだし)
何と言うか、単にドタバタした日常を楽しむ風の作品です。
もう一度書きますが、絵はすごく可愛いのですよ。絵は……そんな作品です。

ハイスコアガール

昔のアーケードゲーム(主に格闘)を熱く語る作品。
私はゲーセンとか全然行かない人ですが、それでもよく分からないけど見てしまいます。
ゲーセンに縁が無くても、それなりに分かるネタも多々あります。スト2とか有名ですからね。
そして、ストーリーが無さそうで、ちゃんとあるのが凄い。
けど、メインストーリーって恋愛..なの..でしょうか?
ラストがどう締められるのか気になります。

終わりに

2018年夏アニメ紹介の後編は如何でしたか?
コメントし辛い作品も多いので、簡単な感想程度で終わらせるつもりだったのですが、
実際に書き始めたら、色々詰め込んでしまい、思ったより文量が多くなってしまいました。

冒頭でも書きましたが、執筆時点で既に最終回を迎えている作品も多く、
公開される頃には全て最終回を迎えた後のような気がしています。
そして、新番組も始まっているのでしょう…

次は、秋アニメの紹介になると思いますが、放映開始序盤で作品の紹介を行えるように、
今までとは少し方式を変えてみたいと思います。
それでは、2018年秋アニメの紹介もお楽しみに!

Posted in アニメ/コミック.