なぜいまキャリアコンサルティングが必要とされるのか

イイキャリ、キャリアコンサルタントの河村です。

第二回では、いまキャリアコンサルティングが必要とされている背景について考えてみたいと思います。

早速ですが、みなさま、キャリアコンサルティングを受けたことはありますか?

実はキャリアコンサルタントの専門スキルは様々な場所で活かされています。

例えば、、

・企業・組織の人事・教育、人材開発部門
・人材派遣会社のコーディネーター
・ハローワークなどの公的就業支援機関
・大学のキャリアセンター

などなど、、

上記のようなたくさんの場所でキャリアコンサルタントは活躍しています。
みなさまが自身のキャリアを相談できる場所と機会は、実はどんどん増えているんですね。

では、なぜそういった場所と機会が増えているのか。

3つの社会的背景があるとされています

・雇用環境の変化
バブル崩壊、リーマンショックなど長い経済不況により、日本企業古来の雇用制度である終身雇用制度、年功序列の慣行は失われつつある中、個人が自身のキャリアについて考える機会はますます増えています。

・社会変化の加速化がもたらす不確実性
少子高齢化による労働力人口の減少、
経済のグローバル化による生産活動・人材活用の多様化、
技術の加速度的な高度化、
こうした社会変化がもたらす不確実性に対して、企業だけでなく、働く個人それぞれにも、激しい変化への対応が求められています。

・個人の価値観の多様化
昨今「ワークライフバランス」「働き方改革」という言葉をよく耳にするかと思います。
この言葉が表すように、はたして経済的豊かさだけで幸せといえるのか、仕事だけでなく人生そのものを楽しむことを重視する考え方や、そのためのライフプランに合わせたキャリアの選択はますます増えてきており、働き方の価値観は多様化しています。

こうした背景の中、日本では、これまで以上に各個人に適したキャリア形成を支援していくために、2016年4月より「キャリアコンサルタント」が国家資格となりました。

みなさまが自身のキャリアを相談できる場所と機会が増えているのは、労働者のキャリア形成を企業だけが担うのではなく、各個人が自らの価値観・職業観・人生観に基づいて、主体的にキャリアを形成していく時代になったからと言えるかもしれませんね。

キャリアコンサルタントは、みなさまのキャリア形成をサポートする専門職です。

私もイイキャリでのキャリアコンサルタントを通して、その一助を担えたらと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

次回は本記事でもたくさん出てきた「キャリア」という言葉について考えてみたいと思います。

キャリアコンサルティングにご興味を持った方は、イイキャリのサイトをぜひ覗いてみてください。

Posted in 働き方.